北海道に自生する ・トドマツ ・エゾマツ ・アカエゾマツ の 簡易比較                    直前に戻る
トドマツ(モミ属) エゾマツ(トウヒ属) アカエゾマツ(トウヒ属)
葉の長さが長い 葉の長さが長い 葉の長さが短い
葉の先端は凹む。先端に触れても痛くない 葉の先は尖り断面は扁平。先端に触れると痛い 葉の先はやや尖り断面は四角〜菱形
樹皮は薄く軟らか,平滑で灰白色
地衣類の付着が良く見られる
<写真にポインター>
黒褐色,不規則な鱗片状で薄くはがれる。
老木では深く割れる
黒赤褐色,エゾマツに比べ鱗片が大きく、
はがれやすい ↓
枝は水平か斜上する。老齢樹ほど下部の
枝は垂れ下がる傾向がある。
<ポインター>
枝が下向きに垂れ下がるアカエゾマツと
樹形で比較するのは難しい
枝は上部で斜上するが
下部では水平か、やや下向きにでる
球果は上向きにつき、枝上で分解し飛散るの
で松かさの状態で地面には落ちていない
枝に垂れ下がる 枝に垂れ下がる



直前に戻る

トドマツに戻る

エゾマツに戻る

アカエゾマツに戻る